コンタクトレンズ初心者でも出来る黒目にレンズを乗せる方法

コンタクトレンズ初心者が、簡単にレンズを使用できるように、コンタクトレンズの入れ方について説明して行きます。まず、手指を清潔に洗い、水分をタオルやキッチンペーパーなど繊維が付着しないもので拭き取ってください。コンタクトレンズをケースから取り出して、指の上に乗せます。鏡を見ながら、空いている方の指で目蓋を開き、正面を向きながらコンタクトレンズを黒目に乗せます。目を細めたり瞬きをするとレンズが上手く黒目の上に乗らないので、レンズを黒目に乗せたらゆっくりと目を閉じてコンタクトレンズを馴染ませてください。

コンタクトレンズ初心者が違和感を感じる場合

コンタクトレンズは、目の中に入れて使用します。その為、初心者のうちは違和感を感じる事があります。コンタクトレンズを使い始めてすぐは、いきなり長時間の使用をせずに、最初の日は三時間、次の日は五時間と少しずつ使用する時間を長くして慣らしていくようにしましょう。目が乾燥する事で違和感を感じる場合には、目薬をさす事で問題を解消する事が出来ます。また、コンタクトレンズの裏表を間違えて着用していると違和感を感じますので、装着時には裏表を確認するように気を付けましょう。コンタクトレンズの裏表は、レンズを指に乗せて横から見た時にフチが反っているかどうかで確認する事が出来ます。