初心者さんのコンタクトレンズと眼鏡の使い方

コンタクトレンズの使用の初心者さんはコンタクトの付け心地、扱い方、使用方法など初めはなかなか慣れないことが多いものです。そこで、眼鏡もうまく使用することで安全かつコンタクトレンズに対する面倒さも軽減できるかもしれませんね。装着するようになって慣れないうちは我慢せず、つらくなったら眼鏡に変えたり、なかなか装着できず時間がないときには眼鏡をというように、初心者さんはコンタクトレンズがうまく扱えないこともあるかもしれません。いざというときのためにコンタクトの代用になるものがあると、気持ち的にも安心できるでしょう。

コンタクトレンズ初心者が目に異常を感じたら

コンタクトレンズは、目の中に装着するものですから、初心者の時のコンタクトレンズ装着時には「目の中がコロコロするような感じ」「なんだか目が窮屈な感じ」などといった違和感というものは誰にでもあるものなのですが、目が充血するといった症状や、我慢できないくらいに痛いなどといった異常を感じた場合には、すぐに装着しているコンタクトレンズを目から外して、眼科医を受診して先生に相談をしてください。

コンタクトレンズを装着した目に異常があるのに放置していては、症状を悪化させるだけですから早めの対応が肝心となります。